札幌ネット

札幌の過去・未来

新幹線東京などからの北海道へのアクセス手段としては飛行機や新幹線が挙げられます。しかし2020年現在は、新幹線は札幌まで開通していません。そのため、新函館北斗駅で在来線特急に乗り換える必要があります。2030年には北海道新幹線が札幌まで延伸予定であり、そうなれば所要時間も大幅に短縮されることになります。

寝台列車が運転されていた頃の札幌

寝台特急北斗星現在ではほぼ見られなくなってしまいましたが、過去には日本では寝台特急、いわゆるブルートレインがたくさん運転されていました。その中には東京や大阪から北海道まで運転される列車もありました。

東京の上野発着の「北斗星」や「カシオペア」、大阪発着の「トワイライトエクスプレス」などが有名でした。食堂車が連結されていたり、シャワー券を購入することで数分間列車内でシャワーを浴びたりすることができました。

新幹線の開業に伴ってそれらの列車は運転されなくなってしまいました。また、途中の路線がJRから第三セクターによる運営になったりするなどの変化も見られます。